CST logo

#9624 Phospho-PKA Substrate (RRXS*/T*) (100G7E) Rabbit mAb

 
CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年8月21日15時40分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#9624S100 μL66,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
#9624L300 μL152,000

SUBSTRATE MOTIF 製品一覧 | Motif 抗体比較 | #9624 が入っているAntibody Sampler キット一覧

感度抗体の由来貯法
内在性Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

すべての種 -
9624 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫沈降 (1:50)ELISA-P (1:1000)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
-3 と-2 の位置にアルギニンが存在するリン酸化セリン、リン酸化スレオニンを検出します。PKA の新規基質の同定に有用な抗体です。Akt およびPKC の基質モチーフなどの-3 の位置にアルギニンが存在するリン酸化セリン、リン酸化スレオニンもわずかに認識します。リン酸化されていない基質モチーフペプチドは認識しません。(U.S. Patent No's.: 6,441,140; 6,982,318; 7,259,022; 7,344,714; U.S.S.N. 11,484,485; and all foreign equivalents.)
使用抗原
リン酸化PKA の基質ペプチド

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

モチーフ
R(K/R)X(S*/T*)
社内データ

※下記の社内データは、すべて9624 の推奨プロトコールで実験した結果です。

ELISA-Peptide

ELISA-Peptide

Phospho-PKA Substrate (RRXS*/T*) (100G7E) Rabbit mAb ELISA Assay: Signal-to-noise ratio of phospho- versus nonphospho-peptides. (T* and S* denote phosphorylated threonine and serine.)

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from serum-starved A431 cells, phosphorylated in vitro with PKA kinase or treated in culture with forskolin/IBMX, using Phospho-PKA Substrate (RRXS*/T*) (100G7E) Rabbit mAb. Lysis buffer: 1.0% Triton X-100 (lanes 1 and 2), 2.0% SDS (lanes 3 and 4).

バックグラウンド

An important class of kinases, refered to as Arg-directed kinases or AGC-family kinases, includes cAMP-dependent protein kinase (PKA), cGMP-dependent protein kinase (PKG), protein kinase C, Akt and RSK. These kinases share a substrate specificity characterized by Arg at position -3 relative to the phosphorylated Ser or Thr (1,2). Phospho-PKA substrate-specific antibodies from Cell Signaling Technology are powerful tools for investigating the regulation of phosphorylation by PKA and other Arg-directed kinases, as well as for high throughput kinase drug discovery.

使用例
 
関連製品
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
2261   Phospho-(Ser) PKC Substrate Antibody
2851   Phospho-(Ser/Thr) ATM/ATR Substrate Antibody
6406   SignalSilence® PKA C-α siRNA I
6574   SignalSilence® PKA C-α siRNA II
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack
9611   Phospho-(Ser/Thr) Akt Substrate Antibody
9614   Phospho-Akt Substrate (RXXS*/T*) (110B7E) Rabbit mAb
9621   Phospho-(Ser/Thr) PKA Substrate Antibody
9631   Phospho-(Ser/Thr) Phe Antibody
9634   Phospho-(Ser/Thr) PDK1 Docking Motif (18A2) Mouse mAb

Use of Cell Signaling Technology (CST) Motif Antibodies within certain methods (e.g., U.S. Patents No. 7,198,896 and 7,300,753) may require a license from CST. For information regarding academic licensing terms please have your technology transfer office contact CST Legal Department at CST_ip@cellsignal.com. For information regarding commercial licensing terms please contact CST Pharma Services Department at ptmscan@cellsignal.com.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
U.S. Patent No. 7,429,487, foreign equivalents, and child patents deriving therefrom.

本製品は試験研究用です。

Phospho-PKA Substrate (RRXS*/T*) (100G7E) Rabbit mAb

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications