CST logo

#9251 Phospho-SAPK/JNK (Thr183/Tyr185) Antibody

 
CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年8月23日15時25分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#9251S200 μL66,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
#9251L600 μL152,000

SAPK, JNK 製品一覧 | SAPK 抗体比較

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性46, 54 Rabbit-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、ラット、ハムスター、サル、キイロショウジョウバエ、ウシ、出芽酵母 アフリカツメガエル
9251 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫沈降 (1:200)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのThr183/Tyr185 両方がリン酸化されたp46 およびp54 SAPK/JNK タンパク質を検出します。リン酸化されていないSAPK/JNK は認識しません。相同する部位がリン酸化されたErk1/2 およびp38 タンパク質と若干交差する可能性があります。
使用抗原
ヒトのSAPK/JNK タンパク質のThr183/Tyr185 周辺領域 (合成リン酸化ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて9251 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from 293 or SK-N-MC cells treated with UV (40 mJ/cm2), using Phospho-SAPK/JNK (Thr183/Tyr185) Antibody (upper) or SAPK/JNK Antibody (lower).

バックグラウンド

The stress-activated protein kinase/Jun-amino-terminal kinase SAPK/JNK is potently and preferentially activated by a variety of environmental stresses including UV and gamma radiation, ceramides, inflammatory cytokines, and in some instances, growth factors and GPCR agonists (1-6). As with the other MAPKs, the core signaling unit is composed of a MAPKKK, typically MEKK1-MEKK4, or by one of the mixed lineage kinases (MLKs), which phosphorylate and activate MKK4/7. Upon activation, MKKs phosphorylate and activate the SAPK/JNK kinase (2). Stress signals are delivered to this cascade by small GTPases of the Rho family (Rac, Rho, cdc42) (3). Both Rac1 and cdc42 mediate the stimulation of MEKKs and MLKs (3). Alternatively, MKK4/7 can be activated in a GTPase-independent mechanism via stimulation of a germinal center kinase (GCK) family member (4). There are three SAPK/JNK genes each of which undergoes alternative splicing, resulting in numerous isoforms (3). SAPK/JNK, when active as a dimer, can translocate to the nucleus and regulate transcription through its effects on c-Jun, ATF-2, and other transcription factors (3,5).

使用例
 
関連製品
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
4668   Phospho-SAPK/JNK (Thr183/Tyr185) (81E11) Rabbit mAb
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack
9252   SAPK/JNK Antibody
9253   SAPK/JNK Control Cell Extracts
9255   Phospho-SAPK/JNK (Thr183/Tyr185) (G9) Mouse mAb
9258   JNK2 (56G8) Rabbit mAb
9912   Phospho-SAPK/JNK Pathway Antibody Sampler Kit
9997   Tris Buffered Saline with Tween® 20 (TBST-10X)

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Phospho-SAPK/JNK (Thr183/Tyr185) Antibody

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications