CST logo

#8885 Anti-rabbit IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (PE Conjugate)

 
CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年12月13日15時35分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#8885S250 μL33,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

RABBIT IGG 製品一覧

8885 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 
由来
ヤギ
用途 (希釈倍率)
最適な希釈率はアプリケーションごとに決定する必要があります。フローサイトメトリーでは1:250 - 1:1000 で良好な結果が得られます。
情報
Anti-rabbit IgG (H+L), F(ab’)2 Fragment を最適条件下でPhycoerythrin (PE) 標識し、濃度を1 mg/mL に調整しました。ヒトとマウスの血清、プラズマサイトーマ/ハイブリドーマタンパク質、および精製したヒトパラプロテインで吸収してあります。
貯法
4℃
社内データ

Flow Cytometry

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of Jurkat cells, untreated (green) or treated with LY294002 #9901, Wortmannin #9951, and U0126 #9903 (blue), using Phospho-Akt (Ser473) (D9E) XP® Rabbit mAb #4060 detected with Anti-rabbit IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (PE Conjugate).

バックグラウンド

This product has been optimized for use as a secondary antibody in FLOW cytometry. Fluorescent anti-species IgG conjugates are ideal for flow cytometry and immunofluorescence. Cell Signaling Technology’s strict quality control procedures assure that each conjugate provides optimal specificity and fluorescence.

使用例

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Anti-rabbit IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (PE Conjugate)

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications