CST logo

#8544 Phospho-p44/42 MAPK (Erk1/2) (Thr202/Tyr204) (D13.14.4E) XP® Rabbit mAb (HRP Conjugate)

 
CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年12月6日15時40分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#8544S100 μL74,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

ERK1/ERK2 製品一覧 | p44/42 MAPK (Erk 1/2) 抗体比較

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性44, 42Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、ラット、ハムスター、サル、ミンク、キイロショウジョウバエ、ゼブラフィッシュ、ウシ、イヌ、ブタ、出芽酵母 ニワトリ、線虫
8544 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのThr202/Tyr204 両方、あるいはThr202 だけがリン酸化されたp44 MAPK タンパク質 (Erk1) を検出します。また、内在性レベルのThr185/Tyr187 両方がリン酸化されたp42 MAPK タンパク質 (Erk2) も検出します。同様の残基がリン酸化されたJNK/SAPK あるいはp38 MAPK タンパク質とは交差しません。
使用抗原
ヒトのp44 MAPK タンパク質のThr202/Tyr204 周辺領域 (合成リン酸化ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて8544 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from either Jurkat cells, treated with U0126 #9903 (10 µM, 1 hr) or TPA #4174 (200 nM, 10 min), or MCF7 cells, treated with λ phosphatase or TPA, using Phospho-p44/42 MAPK (Erk1/2) (Thr202/Tyr204) (D13.14.4E) XP® Rabbit mAb (HRP Conjugate).

バックグラウンド

Mitogen-activated protein kinases (MAPKs) are a widely conserved family of serine/threonine protein kinases involved in many cellular programs, such as cell proliferation, differentiation, motility, and death. The p44/42 MAPK (Erk1/2) signaling pathway can be activated in response to a diverse range of extracellular stimuli including mitogens, growth factors, and cytokines (1-3), and research investigators consider it an important target in the diagnosis and treatment of cancer (4). Upon stimulation, a sequential three-part protein kinase cascade is initiated, consisting of a MAP kinase kinase kinase (MAPKKK or MAP3K), a MAP kinase kinase (MAPKK or MAP2K), and a MAP kinase (MAPK). Multiple p44/42 MAP3Ks have been identified, including members of the Raf family, as well as Mos and Tpl2/COT. MEK1 and MEK2 are the primary MAPKKs in this pathway (5,6). MEK1 and MEK2 activate p44 and p42 through phosphorylation of activation loop residues Thr202/Tyr204 and Thr185/Tyr187, respectively. Several downstream targets of p44/42 have been identified, including p90RSK (7) and the transcription factor Elk-1 (8,9). p44/42 are negatively regulated by a family of dual-specificity (Thr/Tyr) MAPK phosphatases, known as DUSPs or MKPs (10), along with MEK inhibitors, such as U0126 and PD98059.

使用例
 
関連製品
3510   Phospho-p44/42 MAPK (Erk1/2) (Thr202/Tyr204) (D13.14.4E) XP® Rabbit mAb (Sepharose® Bead Conjugate)
4348   p44/42 MAPK (Erk1/2) (137F5) Rabbit mAb (HRP Conjugate)
4370   Phospho-p44/42 MAPK (Erk1/2) (Thr202/Tyr204) (D13.14.4E) XP® Rabbit mAb
9488   Phospho-p44/42 MAPK (Erk1/2) (Thr202/Tyr204) (D13.14.4E) XP® Rabbit mAb (Magnetic Bead Conjugate)

XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Phospho-p44/42 MAPK (Erk1/2) (Thr202/Tyr204) (D13.14.4E) XP® Rabbit mAb (HRP Conjugate)

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications