CST logo

#5946 Anti-mouse IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (Sepharose® Bead Conjugate)

 
CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年12月9日11時40分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#5946S1 mL29,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

IGG 製品一覧

5946 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 
用途 (希釈倍率)
免疫沈降 (1 mg/mL 細胞ライセート200 μL (1X Cell Lysis Buffer (10X) #9803で希釈) に10-20 μL加えてください。)
特異性
免疫電気泳動において、抗マウスIgG あるいは抗マウス血清で単一の沈降線を検出しました。抗ヤギ血清でも単一沈降線を検出します。
抗体の由来
ヤギ
貯法
-20℃
社内データ

IP

IP

Immunoprecipitation of COS-7 cell extracts, untransfected or transfected with a construct overexpressing TrCP1-GST using GST (26H1) Mouse mAb #2624. Extracts were incubated with either Anti-Mouse IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (Sepharose® Bead Conjugate) (lane 1 and 2) or Protein G Beads (lane 3). The western blot was probed using GST (91G1) Rabbit mAb #2625.

IP

IP

Immunoprecipitation of NIH/3T3 cell extracts using Akt (pan)(40D4) Mouse mAb #2920. Extracts were incubated with either Anti-Mouse IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (Sepharose® Bead Conjugate) (lane 1) or Protein G Beads (lane 2). The western blot was probed using Akt (pan) (C67E7) Rabbit mAb #4691.

バックグラウンド

Anti-mouse IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (Sepharose Bead Conjugate) is ideal for immunoprecipitation. This secondary antibody will detect mouse antibodies. Since this secondary antibody is made with F(ab')2 fragments, non-specific binding through Fc receptors present on cells will be eliminated.

使用例

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Anti-mouse IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (Sepharose® Bead Conjugate)

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications