CST logo

#5742 Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (PE Conjugate)

 
CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年12月16日15時25分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#5742S100 μL30,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
感度抗体の由来貯法
内在性Rabbit IgG4℃
5742 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

用途
フローサイトメトリー
濃度
100 μg/mL
社内データ

※下記の社内データは、すべて5742 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Flow Cytometry

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of Jurkat cells, untreated (green) or treated with LY294002 (PI3 Kinase Inhibitor) #9901, Wortmannin (PI3 Kinase Inhibitor) #9551 and U0126 (MEK1/2 Inhibitor) #9903 (blue), using Phospho-Akt (Ser473) (D9E) XP® Rabbit mAb (PE Conjugate) #5315 compared to concentration matched Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (PE Conjugate) (red).

バックグラウンド

Isotype control antibodies are used to estimate the nonspecific binding of target primary antibodies due to Fc receptor binding or other protein-protein interactions. An isotype control antibody should have the same immunoglobulin type and be used at the same concentration as the test antibody.

使用例

XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control (PE Conjugate)

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications