CST logo

#5262 Atg4C Antibody

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年11月15日15時30分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#5262S100 μL56,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

ATG4C 製品一覧

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性52Rabbit-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、サル -
5262 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫沈降 (1:100)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのAtg4C タンパク質を検出します。23 kDa に未知のバンドを検出します。このバンドはAtg4C siRNA 処理により薄くなります。
使用抗原
ヒトのAtg4C タンパク質のSer430 周辺領域 (合成ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて5262 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from HeLa cells, transfected with 100 nM SignalSilence® Control siRNA (Unconjugated) #6568 (-) or SignalSilence® Atg4C siRNA I (+), using Atg4C Antibody #5262 (upper) or β-Tubulin (9F3) Rabbit mAb #2128 (lower). The Atg4C Antibody confirms silencing of Atg4C expression, while the β-Tubulin (9F3) Rabbit mAb is used as a loading control.

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from various cell lines using Atg4C Antibody.

バックグラウンド

Autophagy is a catabolic process for the autophagosomic-lysosomal degradation of bulk cytoplasmic contents. Control of autophagy was largely discovered in yeast and involves proteins encoded by a set of autophagy-related genes (Atg) (1). Formation of autophagic vesicles requires a pair of essential ubiquitin-like conjugation systems, Atg12-Atg5 and Atg8-phosphatidylethanolamine (Atg8-PE), which are widely conserved in eukaryotes (2). Numerous mammalian counterparts to yeast Atg proteins have been described, including three Atg8 proteins (GATE-16, GABARAP, and LC3) and four Atg4 homologs (Atg4A/autophagin-2, Atg4B/autophagin-1, Atg4C/autophagin-3, and Atg4D/autophagin-4) (3-5). The cysteine protease Atg4 is pivotal to autophagosome membrane generation and regulation. Atg4 primes the Atg8 homolog for lipidation by cleaving its carboxy terminus and exposing its glycine residue for E1-like enzyme Atg7. The Atg8 homolog is transferred to the E2-like enzyme Atg3 before forming the Atg8-PE conjugate. During later stages of autophagy, Atg4 can reverse this lipidation event by cleaving PE, thereby recycling the Atg8 homolog (6).

Atg4C-deficient mice display a tissue-specific decrease in LC3 lipidation only when under stressful conditions such as prolonged starvation. Mutant mice also exhibit increased susceptibility to the development of chemical carcinogen induced fibrosarcomas suggesting that Atg4C may contribute to events associated with tumor progression (7).

使用例
 
関連製品
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
5299   Atg4B Antibody
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Atg4C Antibody

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications