CST logo

#4539 Phospho-cdc2 (Tyr15) (10A11) Rabbit mAb

 
CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年8月23日15時25分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#4539S100 μL66,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
#4539L300 μL152,000
#4539T20 μL
Custom Antibody Sampler Kitの構成品を選択できます。
5本以上を選択し、ページ右上のCartから製品確定書を発行してください。
尚、構成品の単品販売は致しておりません。

CDC2 製品一覧 | #4539 が入っているAntibody Sampler キット一覧

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性34Rabbit -20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、ラット、サル -
4539 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫沈降 (1:100)免疫蛍光細胞染色 (IF-IC) (1:50)フローサイトメトリー (1:50)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのTyr15 がリン酸化されたcdc2 タンパク質を検出します。配列が類似していることから、CDK2 やCDK3 タンパク質とも交差する可能性があります。
使用抗原
ヒトのcdc2 タンパク質のTyr15 周辺領域 (合成リン酸化ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて4539 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from C6 cells, untreated (-) or treated with Nocodazole (0.1 μg/ml, 18 hr; +), using Phospho-cdc2 (Tyr15) (10A11) Rabbit mAb (upper) or cdc2 Antibody #77055 (lower).

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from HeLa cells, untreated or hydroxyurea treated for 20 hours, using Phospho-cdc2 (Tyr15) (10A11) Rabbit mAb.

IF-IC

IF-IC

Confocal immunofluorescent analysis of asynchronous HeLa cells labeled with Phospho-cdc2 (Tyr15) (10A11) Rabbit mAb (green) and Phospho-Histone H3 (Ser10) (6G3) Mouse mAb #9706 (red).


Flow Cytometry

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of Jurkat cells, using Phospho-cdc2 (Tyr15) (10A11) Rabbit mAb versus propidium iodide (DNA content).

バックグラウンド

The entry of eukaryotic cells into mitosis is regulated by cdc2 kinase activation, a process controlled at several steps including cyclin binding and phosphorylation of cdc2 at Thr161 (1). However, the critical regulatory step in activating cdc2 during progression into mitosis appears to be dephosphorylation of cdc2 at Thr14 and Tyr15 (2). Phosphorylation at Thr14 and Tyr15, resulting in inhibition of cdc2, can be carried out by Wee1 and Myt1 protein kinases (3,4). The cdc25 phosphatase may be responsible for removal of phosphates at Thr14 and Tyr15 and subsequent activation of cdc2 (1,5).

使用例
 
関連製品
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
28439   cdc2 (E1Z6R) Rabbit mAb
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
77055   cdc2 Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack
9111   Phospho-cdc2 (Tyr15) Antibody
9114   Phospho-cdc2 (Thr161) Antibody
9116   cdc2 (POH1) Mouse mAb

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
U.S. Patent No. 7,429,487, foreign equivalents, and child patents deriving therefrom.

本製品は試験研究用です。

Phospho-cdc2 (Tyr15) (10A11) Rabbit mAb

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications