CST logo

#3936 Ubiquitin (P4D1) Mouse mAb

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年11月13日15時20分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#3936S100 μL56,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
#3936T20 μL39,000
Custom Antibody Sampler Kitの構成品を選択できます。
5本以上を選択し、ページ右上のCartから製品確定書を発行してください。
尚、構成品の単品販売は致しておりません。

UBIQUITIN 製品一覧 | #3936 が入っているAntibody Sampler キット一覧

感度抗体の由来貯法
内在性Mouse IgG1-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

すべての種 -
3936 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫組織染色 (パラフィン) (1:375)

下記ステップについては、データシートの右側もあわせてご参照ください。

IHC-P: 抗体希釈液 / 抗原賦活化

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
ユビキチン、ポリユビキチン、ユビキチン化タンパク質を検出します。組換えNEDD8 タンパク質と交差する可能性があります。
使用抗原
ウシ由来の1-76 全長ユビキチン

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて3936 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of 293 and HeLa cells, untreated or treated with the 26S proteasome inhibitor MG132 (50 µM, 90 minutes), using Ubiquitin (P4D1) Mouse mAb.

IHC-P (paraffin)

IHC-P (paraffin)

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded breast carcinoma showing nuclear and cytoplasmic ubiquitin localization, using Ubiquitin (P4D1) Mouse mAb.

バックグラウンド

Ubiquitin is a conserved polypeptide unit that plays an important role in the ubiquitin-proteasome pathway. Ubiquitin can be covalently linked to many cellular proteins by the ubiquitination process, which targets proteins for degradation by the 26S proteasome. Three components are involved in the target protein-ubiquitin conjugation process. Ubiquitin is first activated by forming a thiolester complex with the activation component E1; the activated ubiquitin is subsequently transferred to the ubiquitin-carrier protein E2, then from E2 to ubiquitin ligase E3 for final delivery to the epsilon-NH2 of the target protein lysine residue (1-3). The ubiquitin-proteasome pathway has been implicated in a wide range of normal biological processes and in disease-related abnormalities. Several proteins such as IκB, p53, cdc25A, and Bcl-2 have been shown to be targets for the ubiquitin-proteasome process as part of regulation of cell cycle progression, differentiation, cell stress response, and apoptosis (4-7).

使用例
 
関連製品
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
14166   Hematoxylin
14177   SignalStain® Mounting Medium
14647   DRP1 (4E11B11) Mouse mAb
15019   Animal-Free Blocking Solution (5X)
4930   SUMO-1 Antibody
4971   SUMO-2/3 (18H8) Rabbit mAb
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7076   Anti-mouse IgG, HRP-linked Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack
8059   SignalStain® DAB Substrate Kit
8112   SignalStain® Antibody Diluent
8125   SignalStain® Boost IHC Detection Reagent (HRP, Mouse)
9997   Tris Buffered Saline with Tween® 20 (TBST-10X)

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Ubiquitin (P4D1) Mouse mAb

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications