CST logo

#3416 IKKε (D61F9) XP® Rabbit mAb

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年11月15日15時30分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#3416S100 μL61,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
#3416T20 μL39,000
Custom Antibody Sampler Kitの構成品を選択できます。
5本以上を選択し、ページ右上のCartから製品確定書を発行してください。
尚、構成品の単品販売は致しておりません。

IKKEPSILON 製品一覧 | #3416 が入っているAntibody Sampler キット一覧

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性80Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

マウス、ラット -
3416 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫沈降 (1:100)免疫蛍光細胞染色 (IF-IC) (1:100)フローサイトメトリー (1:200)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのIKKε タンパク質を検出します。
使用抗原
マウスのIKKε タンパク質のC末端近傍領域 (合成ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて3416 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from Raw 264.7 and KNRK cell lines using IKKε (D61F9) XP® Rabbit mAb.

IF-IC

IF-IC

Confocal immunofluorescent analysis of RAW 264.7 (left) and C2C12 (right) cells using IKKepsilon (D61F9) XP® Rabbit mAb (green). Blue pseudocolor = DRAQ5® (fluorescent DNA dye).

Flow Cytometry

Flow Cytometry

Flow cytometric analysis of Raw 264.7 cells using IKKε (D61F9) XP® Rabbit mAb (blue) compared to concentration matched Rabbit (DA1E) mAb IgG XP® Isotype Control #3900 (red). Anti-rabbit IgG (H+L), F(ab')2 Fragment (Alexa Fluor® 488 Conjugate) #4412 was used as a secondary antibody.


バックグラウンド

The NF-κB/Rel transcription factors are present in the cytosol in an inactive state, complexed with the inhibitory IκB proteins (1-3). Most agents that activate NF-κB do so through a common pathway based on phosphorylation-induced, proteasome-mediated degradation of IκB (3-7). The key regulatory step in this pathway involves activation of a high molecular weight IκB kinase (IKK) complex whose catalysis is generally carried out by three tightly associated IKK subunits. IKKα and IKKβ serve as the catalytic subunits of the kinase and IKKγ serves as the regulatory subunit (8,9). Activation of IKK depends upon phosphorylation at Ser177 and Ser181 in the activation loop of IKKβ (Ser176 and Ser180 in IKKα), which causes conformational changes, resulting in kinase activation (10-13).

Recently, two homologs of IKKα and IKKβ have been described, called IKKε (also known as IKK-i) and TBK-1 (also known as T2K or NAK), and activation of either of these kinases results in NF-κB activation. IKKε contains the kinase domain in its amino terminus, which shares 30% identity to that of IKKα or IKKβ. IKKε is expressed mainly in immune cells, and may play a special role in the immune response (14-18).

使用例
 
関連製品
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
2370   IKKβ (2C8) Rabbit mAb
2682   IKKα Antibody
2695   IKKγ (DA10-12) Mouse mAb
2905   IKKε (D20G4) Rabbit mAb
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack
8766   Phospho-IKKε (Ser172) (D1B7) Rabbit mAb

DRAQ5 is a registered trademark of Biostatus Limited.
XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

IKKε (D61F9) XP® Rabbit mAb

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications