CST logo

#3398 Phospho-eIF2α (Ser51) (D9G8) XP® Rabbit mAb

 
CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年8月23日15時25分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#3398S100 μL72,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
#3398T20 μL
Custom Antibody Sampler Kitの構成品を選択できます。
5本以上を選択し、ページ右上のCartから製品確定書を発行してください。
尚、構成品の単品販売は致しておりません。

EIF2A 製品一覧 | #3398 が入っているAntibody Sampler キット一覧

感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性38Rabbit IgG-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト、マウス、ラット、サル、キイロショウジョウバエ -
3398 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫沈降 (1:100)免疫組織染色 (パラフィン) (1:100)

下記ステップについては、データシートの右側もあわせてご参照ください。

IHC-P: 抗体希釈液 / 抗原賦活化

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのSer51 がリン酸化されたeIF2α タンパク質を検出します。他の部位がリン酸化されたeIF2α タンパク質は認識しません。
使用抗原
ヒトのeIF2α タンパク質のSer51 周辺領域 (合成リン酸化ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて3398 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from C2C12 cells, untreated or thapsigargin-treated, using Phospho-eIF2α (Ser51) (D9G8) XP® Rabbit mAb (upper) or eIF2α Antibody #9722 (lower).

IHC-P (paraffin)

IHC-P (paraffin)

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human colon carcinoma, untreated (left) or λ phosphatase-treated (right), using Phopsho-eIF2α (Ser51) (D9G8) XP® Rabbit mAb.

IHC-P (paraffin)

IHC-P (paraffin)

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human lung carcinoma using Phospho-eIF2α (Ser51) (D9G8) XP® Rabbit mAb.


IHC-P (paraffin)

IHC-P (paraffin)

Immunohistochemical analysis of paraffin-embedded human lymphoma using Phospho-eIF2α (Ser51) (D9G8) XP® Rabbit mAb.

バックグラウンド

Phosphorylation of the eukaryotic initiation factor 2 (eIF2) α subunit is a well-documented mechanism to downregulate protein synthesis under a variety of stress conditions. eIF2 binds GTP and Met-tRNAi and transfers Met-tRNA to the 40S subunit to form the 43S preinitiation complex (1,2). eIF2 promotes a new round of translation initiation by exchanging GDP for GTP, a reaction catalyzed by eIF2B (1,2). Kinases that are activated by viral infection (PKR), endoplasmic reticulum stress (PERK/PEK), amino acid deprivation (GCN2), or heme deficiency (HRI) can phosphorylate the α subunit of eIF2 (3,4). This phosphorylation stabilizes the eIF2-GDP-eIF2B complex and inhibits the turnover of eIF2B. Induction of PKR by IFN-γ and TNF-α induces potent phosphorylation of eIF2α at Ser51 (5,6).

使用例
 
関連製品
1221   Phospho-eIF2α (Ser51) Blocking Peptide
12630   SignalFire™ Plus ECL Reagent
12757   SignalFire™ Elite ECL Reagent
2103   eIF2α (L57A5) Mouse mAb
5324   eIF2α (D7D3) XP® Rabbit mAb
6883   SignalFire™ ECL Reagent
7074   Anti-rabbit IgG, HRP-linked Antibody
7727   Biotinylated Protein Ladder Detection Pack
8112   SignalStain® Antibody Diluent
9721   Phospho-eIF2α (Ser51) Antibody
9722   eIF2α Antibody
9918   Translational Control Antibody Sampler Kit

XP is a registered trademark of Cell Signaling Technology, Inc.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Phospho-eIF2α (Ser51) (D9G8) XP® Rabbit mAb

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications