CST logo

#2558 Phospho-p57 Kip2 (Thr310) Antibody

CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2019年8月21日15時40分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#2558S100 μL66,000
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。
感度分子量 (kDa)抗体の由来貯法
内在性57Rabbit-20℃
種交差性 (社内試験済)
交差する可能性がある種 i

社内試験はしていませんが、配列が100%相同であるため反応すると推定される種

ヒト -
2558 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 

ウェスタンブロッティング (1:1000)免疫蛍光細胞染色 (IF-IC) (1:100)

CST推奨プロトコールに欠かせない関連製品

特異性・感度
内在性レベルのThr310 がリン酸化されたp57 Kip2 タンパク質を検出します。Thr187 がリン酸化されたp27 Kip1 タンパク質と交差する可能性があります。
使用抗原
ヒトのp57 Kip2 タンパク質のThr310 周辺領域 (合成リン酸化ペプチド)

ホモロジー (相同性) 検索をご希望の場合 >>>

ホモロジー検索をご要望の際は、ご希望のサンプル種のアミノ酸配列とともにお問合せください。

社内データ

※下記の社内データは、すべて2558 の推奨プロトコールで実験した結果です。

Western Blotting

Western Blotting

Western blot analysis of extracts from untreated and dexamethasone-treated (50 nM, 16 h) HeLa cells, using Phospho-p57 Kip2 (Thr310) Antibody (upper) and p57 Kip2 Antibody #2557 (lower). Lysates were treated with lambda phosphatase NEB#P0753 (10,000 U/ml for 30 mins) to confirm the phospho-specificity of the phospho-antibody.

IF-IC

IF-IC

Confocal immunofluorescent analysis of HeLa cells, dexamethasone-treated (left) or phosphatase-treated (right), labeled with Phospho-p57 Kip2 (Thr310) Antibody (green). Actin filaments have been labeled with Alexa Fluor® 555 phalloidin (red).

バックグラウンド

p27 Kip1 is a member of the Cip/Kip family of cyclin-dependent kinase inhibitors. Like its relatives, p57 Kip2 and p21 Waf1/Cip1, the ability to enforce the G1 restriction point is derived from its inhibitory binding to CDK2/cyclin E and other CDK/cyclin complexes. Expression levels of p27 are upregulated in quiescent cells and in cells treated with cAMP or other negative cell cycle regulators. Downregulation of p27 can be induced by treatment with interleukin-2 or other mitogens; this involves phosphorylation of p27 and its degradation by the ubiquitin-proteasome pathway (1-4).

Levels of p57 Kip2 are controlled by ubiquitination/degradation via the Skp1/Cul1/F-box-type E3 ubiquitin ligase complex SCF-Skp2, and this effect is dependent on Thr310 (5). A similar threonine phosphorylation site in p27 Kip1, Thr187, has also been shown to regulate protein stability (6).

使用例
 
関連製品
2552   p27 Kip1 Antibody
2557   p57 Kip2 Antibody
2561   Phospho-CDK2 (Thr160) Antibody
4132   Cyclin E2 Antibody
4136   Phospho-Cyclin E1 (Thr62) Antibody

Alexa Fluor is a registered trademark of Life Technologies Corporation.
Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Phospho-p57 Kip2 (Thr310) Antibody

Immune Cell Signaling Pathways

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications