CST logo

#1230 Phospho-mTOR (Ser2448) Blocking Peptide

 
CSTコード 包装
希望納入価格 (円)
国内在庫 i
2020年2月26日16時0分 現在
ご登録代理店情報 i
カスタマー情報にご登録いただいた代理店を表示しています。
ご登録代理店の変更はこちら
#1230S100 μgお問い合わせ
ログインすると国内在庫状況がご確認いただけます。

MTOR 製品一覧

1230 の推奨プロトコール i

最適な結果を得るために:Cell Signaling Technology (CST) 社は、各製品の推奨プロトコールを使用することを強くお薦めいたします。
推奨プロトコールはCST社内試験の徹底的なバリデーションに基づいて作成されておりますので、正確かつ再現性の高い結果が得られます。

注:各製品に最適化されたプロトコールをリンクしています。

 
用途
免疫組織染色、ウェスタンブロッティング
貯法
-20℃
使用目的
免疫組織染色においてPhospho-mTOR (Ser2448) (49F9) Rabbit mAb (IHC Specific) (#2976) の、ウェスタンブロッティングにおいてPhospho-mTOR (Ser2448) Antibody (#2971) の反応をブロックし、抗体の反応特異性を確認するために使用
バックグラウンド

The mammalian target of rapamycin (mTOR, FRAP, RAFT) is a Ser/Thr protein kinase (1-3) that functions as an ATP and amino acid sensor to balance nutrient availability and cell growth (4,5). When sufficient nutrients are available, mTOR responds to a phosphatidic acid-mediated signal to transmit a positive signal to p70 S6 kinase and participate in the inactivation of the eIF4E inhibitor, 4E-BP1 (6). These events result in the translation of specific mRNA subpopulations. mTOR is phosphorylated at Ser2448 via the PI3 kinase/Akt signaling pathway and autophosphorylated at Ser2481 (7,8). mTOR plays a key role in cell growth and homeostasis and may be abnormally regulated in tumors. For these reasons, mTOR is currently under investigation as a potential target for anti-cancer therapy (9).

No product specific background information is currently available for this product.

使用例
製品をご使用いただいて研究を発表されましたら、ぜひお知らせください
 
関連製品
2976   Phospho-mTOR (Ser2448) (49F9) Rabbit mAb (IHC Specific)

Cell Signaling Technology is a trademark of Cell Signaling Technology, Inc.

本製品は試験研究用です。

Phospho-mTOR (Ser2448) Blocking Peptide

Metabolic Reprogramming in Disease

お薦めリンク

テクニカルサポート

製品特集

Applications