CST logo

ハイコンテントスクリーニング (High Content Screening)

hcs-high-throughput-laser-cytometry.png

ハイコンテントイメージング (下段) と組み合わせたハイスループットレーザーサイトメトリー (上段のヒートマップ) は、CSTのIF抗体の開発・製造におけるすべての社内検証に欠かせないツールです。

ハイコンテントスクリーニング (HCS) やハイコンテントアナリシス (HCA) を成功させるためには、高品質で再現性の高い試薬が欠かせません。CSTの研究者は、開発した抗体の免疫蛍光染色 (IF) での社内検証に、HCAを利用しています。よって、お客様のスクリーニングアッセイにも、これらのIF検証済み抗体を使用することが可能です。そうすることで、条件検討に伴う時間やリソースを節約し、開発パイプラインを効率化することができます。また、ロット予約、バルクオーダー、保存液の変更にも対応し、HCS/HCA実験が終了するまでの一貫した試薬のパフォーマンスを保証しています。

CSTは、IF検証済み抗体の製品数拡大に努め、疾患に関連する多様なシグナルパスウェイの翻訳後修飾特異的抗体やTotal抗体を日々検証しています。CST抗体は、お客様のHCS/HCA実験の様々なエンドポイント (ターゲットの発現、細胞局在、翻訳後修飾、活性化レベル) に対応し、薬物スクリーニングや疾患モデル研究のための定量的解析を可能にします。

hcs-chris-manning.png

CSTの研究者は、HCAを抗体の社内検証に使用しています

Pathways & Diagrams for Epigenetic Regulation

主要パスウェイ

製品特集

アプリケーション